ホーム l リスクコンサルティング l
サービスのご案内
財物管理サーベイ
労働災害防止サーベイ
赤外線カメラサーベイ
物流リスクサーベイ
ポストロスサーベイ

就業中に怪我をしたり、業務を通して病気になるのは、できれば避けたいことです。2014年、香港では労働局に210人の死亡、37,313人の負傷者が報告されています。更には243人が職業性疾病と認定されました。事故率は、1,000人あたり12.8人、死亡率は、1,000人あたり0.041人となります。

弊社のリスクコンサルティングチームでは、職場の潜在リスクを調査し、現行の事故防止対策が十分かどうか、更にどのような対策を講じられるかを提案致します。